メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第77期名人戦A級順位戦 佐藤康光九段-羽生善治竜王 第28局の1

謹賀新年

 新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 2018年は将棋界にとって激動の年だった。8冠目の誕生、悲願の初戴冠、8冠を8人で持ち合う群雄割拠の時代の到来。激闘が繰り広げられ、挑戦者が次々にタイトルを手にした。そして昨年12月、広瀬章人八段が羽生を破り、竜王を奪取。羽生は27年ぶりに無冠となり、大々的に報じられたのは記憶に新しいだろう。本局が行われたのは昨年12月17日。羽生が第30期竜王として戦った最後の順位戦だ。

 東京・千駄ケ谷は朝から小雨。凍(い)てつく寒さの中を、色とりどりの傘が進んでいく。対局室の高雄の間…

この記事は有料記事です。

残り601文字(全文883文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  4. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです