メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「新年」に食べる

日本の中の世界/1 南米発、決め手はしょうゆ

パネトーネに包丁を入れるカルロス・ウエムラさん(左端)と、笑顔で食卓を囲む一家=千葉県柏市で            

 <くらしナビ ライフスタイル>

 新年の始まりは1月1日に限らない。世界各国にはどんなお正月があるのだろうか。日本に住む外国人に、それぞれの国の「正月料理」を作ってもらった。世界の広さと近さを感じる周遊に出かけよう。

 インカ帝国が栄えた南米・ペルーは、「美食の国」として知られる。ペルーの年末年始の過ごし方を、千葉県柏市で暮らす日系ペルー人の旅行会社社員、カルロス・ウエムラさん(39)に教わった。

この記事は有料記事です。

残り1909文字(全文2108文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  2. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 日本が初優勝 プレミア12、前回覇者韓国に逆転勝利 山田哲3ラン

  5. 女性刺殺事件、直前の容疑者写真公開 グレーのハーフコート、新潟駅周辺で撮影

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです