メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニューイヤー駅伝

きょう号砲 海外での成長見せたい 富士通・松枝、住友電工・遠藤

最終調整をする富士通の松枝博輝=前橋市内で2018年12月31日、小林悠太撮影

 元日に前橋市の群馬県庁を発着点に争われる「ニューイヤー駅伝inぐんま 第63回全日本実業団対抗駅伝競走大会」(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社・TBSテレビ・群馬県共催)には、男子マラソン日本記録保持者の大迫傑(すぐる)=ナイキ=のように、米国を拠点に飛躍を期す若手も出場する。富士通の松枝博輝(25)と住友電工の20歳、遠藤日向(ひゅうが)だ。海外での成長を示す舞台となるか。

 順大出身の松枝は2017年に日本選手権5000メートルで優勝したのを機に、「(20年の)東京五輪に…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 行方不明 拉致と思われた女性国内で発見 1980年失踪 /新潟
  2. 皇統は断絶の危機 愛子さまを皇太子に
  3. ORICON NEWS 福田雄一監督版 ドラマ『聖☆おにいさん』NHK総合で放送
  4. 40年間以上無免許運転の男逮捕 「面倒くさくてお金もないので」と更新せず
  5. 大阪女児不明 友梨さんの父が手記公表「些細な情報でも」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです