メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

年越し

復興期す 東日本大震災 福島第1原発事故 8年ぶりの古里 大熊/北海道地震 仮設でも「明るく」 厚真

神棚に鏡餅などを供え、手を合わせる石田キミ子さん(手前)と宗昭さん=福島県大熊町で2018年12月31日、喜屋武真之介撮影

 平和への願いが込められた「平成」は、多くの災害に見舞われた30年でもあった。東日本大震災と原発事故の被災地・福島では、いくつもの家族が新たな年を8年ぶりに我が家で迎えた。自宅に戻れず、仮設住宅での暮らしが続く北海道胆振(いぶり)東部地震の被災者たちは、平成最後の年に希望を見いだそうとしている。

8年ぶりの古里 福島・大熊

 東京電力福島第1原発事故で全域が避難区域となった福島県大熊町の一部地域で、住民が8年ぶりに古里で年を越した。夜間滞在できる「準備宿泊」が昨年4月から始まっている。この日は中間貯蔵施設を行き来するトラックなどもまばらで、町中は静けさに包まれていた。

 同県田村市に避難している石田宗昭さん(80)とキミ子さん(76)夫婦は、自宅で新年を迎えるため大み…

この記事は有料記事です。

残り593文字(全文928文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 瀬古氏、MGC3位の大迫にファイナルチャレンジ回避の勧め

  2. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

  3. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  4. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  5. 千葉停電 被災者「あきれた」「県外避難も」 東電説明二転三転

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです