特集

西日本豪雨

「平成最悪の豪雨被害」をもたらした西日本豪雨。広い範囲で土砂崩れや河川の氾濫が多発し、甚大な被害となった。

特集一覧

西日本豪雨

仮設入居者 前向ける年に

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
仮設住宅の談話室で年越しそばを食べる入居者たち=広島県呉市天応大浜3で2018年12月31日午後6時28分、隈元悠太撮影
仮設住宅の談話室で年越しそばを食べる入居者たち=広島県呉市天応大浜3で2018年12月31日午後6時28分、隈元悠太撮影

 平和への願いが込められた「平成」は、多くの災害に見舞われた30年でもあった。自宅に戻れず、仮設住宅での暮らしが続く西日本豪雨の被災者たちは、平成最後の年に希望を見いだそうとしている。

 広範囲で浸水被害があった岡山県倉敷市真備(まび)町地区で、会社員、梶真人さん(46)一家が入居する仮設住宅では掃除の後、妻と息子2人の4人で過ごした。

 小学3年の次男桜輔(おうすけ)さん(8)はサッカー教室に通っているが、仮設の近くで自由に練習できる場所はない。この日も住宅前で「遠くに飛ばせないから」とサッカーボールをネットに入れたまま蹴り続けた。

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文634文字)

あわせて読みたい

注目の特集