メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「平成最後の紅白」締めはサザン 「勝手に…」出演者が勢ぞろいの大団円

 サザンオールスターズは31日、東京・渋谷のNHKホールで行われた「第69回NHK紅白歌合戦」の最後の歌手として登場。「希望の轍(わだち)」と「勝手にシンドバッド」を熱唱し、「平成最後の紅白」を締めくくった。勝手にシンドバッドでは、ステージに出演者が勢ぞろいの大団円。北島三郎さんや松任谷由実さんと「今何時?」「そうねだいたいね」や、「オー、イエー」のコール・アンド・レスポンスをするなど大盛り上がりを見せた。

 終了後取材に応じた松任谷由実さんは「仲直りしたみたいな気分。別にけんかしてないけど」と冗談を交えた独特の表現で感想を口にした。続けて「(サザンオールスターズの)桑田(佳祐)さんとは、大昔『メリー・クリスマス・ショー』(日本テレビ系)というテレビ番組で一緒にステージ立った以来。久しぶりで、楽しかったー」と喜んだ。

この記事は有料記事です。

残り247文字(全文609文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クックパッドニュース 一生使える!レストランシェフが作った「ゆで卵の時間表」が超絶便利

  2. 「サムハラ神社」神職が祈とう中にわいせつ行為の疑い 大阪府警が逮捕

  3. 政府のウィズコロナ「間違っている」? 疫学専門医師が訴える「ゼロコロナ戦略」とは

  4. 大阪は新たに273人感染、300人下回るのは3週間ぶり 新型コロナ

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです