メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成に青春時代すごくラッキー 神奈川は僕らの原点 いきものがかり水野良樹さん

「いきものがかり」の水野良樹さん=東京都世田谷区で2018年12月19日、内藤絵美撮影

 もうすぐ幕を閉じる「平成」という時代。30年の間、神奈川では人々がどんな道を歩んで来たのだろうか。今年5月から新しい元号が始まるのを前に、平成を象徴するような出来事を切り取り、描いてみたい。1回目は神奈川出身の人気音楽グループ「いきものがかり」。地元の路上ライブから始まった彼らの物語を、リーダーの水野良樹さん(36)へのインタビューとゆかりの人たちの証言で振り返る。【国本愛】

 ――いきものがかりが結成された1999(平成11)年は路上ライブがブームでした。

この記事は有料記事です。

残り3006文字(全文3237文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大惨事になりかねない」マスクやゴム手袋…海に「コロナごみ」、欧州で問題化

  2. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  3. 自宅で腹から出血、24歳会社員女性死亡 殺人の疑い 兵庫・姫路

  4. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  5. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです