メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キックの精度と状況判断抜群 報徳学園・宮崎

【報徳学園-国学院栃木】前半、中央ラインのラックからボールを持ち出し、報徳学園・宮崎が独走のトライ=東大阪市花園ラグビー場で2019年1月1日、山崎一輝撮影

 ○報徳学園(兵庫)57―19国学院栃木(栃木)●(3回戦・1日)

報徳学園・CTB=宮崎隼人(はやと)(3年)

 キックの精度と状況判断が抜群だった。「うまくスペースを見つけられた。100点です」。意表を突くプレーでスタンドを沸かせ、ノーシードながら勝ち上がってきた相手の勢いを消し去った。

 前半4分、ハーフウエー付近でのラックから出たボールを受けた。縦にわずかなスペースを見つけると、相手防御の間をグラバー…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文508文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府の感染状況は「緊急事態宣言級」 専門家が憂う最悪の事態とは

  2. 転向の高橋「上出来」 充実の初ダンスでRD2位 フィギュアNHK杯

  3. 桜を見る会前夜祭 2019年分も収支報告なし 安倍氏の政治団体

  4. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

  5. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです