メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「汚職撲滅する」極右政治家ボルソナロ氏、ブラジル大統領に就任

大統領就任演説でブラジル国旗を掲げるボルソナロ氏(左から2人目)=ブラジリアで2019年1月1日、ロイター

 【サンパウロ山本太一】南米ブラジルで昨年10月の大統領選決選投票で当選した元軍人の極右政治家、ジャイル・ボルソナロ氏(63)が1日、首都ブラジリアの議会で宣誓し、大統領に就任した。ボルソナロ氏は就任演説で「(政治家らの)無責任さが道徳的、経済的な危機をもたらした」と述べ、公約に掲げた汚職や犯罪の撲滅に取り組むと強調した。任期は4年。

 性的少数者らへの差別的発言がトランプ米大統領と共通することから、ボルソナロ氏は「ブラジルのトランプ…

この記事は有料記事です。

残り349文字(全文567文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  5. 即位の礼 神々しさ演出 幕開き初めてお姿 即位礼 国民主権兼ね合い議論足りず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです