メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「汚職撲滅する」極右政治家ボルソナロ氏、ブラジル大統領に就任

大統領就任演説でブラジル国旗を掲げるボルソナロ氏(左から2人目)=ブラジリアで2019年1月1日、ロイター

 【サンパウロ山本太一】南米ブラジルで昨年10月の大統領選決選投票で当選した元軍人の極右政治家、ジャイル・ボルソナロ氏(63)が1日、首都ブラジリアの議会で宣誓し、大統領に就任した。ボルソナロ氏は就任演説で「(政治家らの)無責任さが道徳的、経済的な危機をもたらした」と述べ、公約に掲げた汚職や犯罪の撲滅に取り組むと強調した。任期は4年。

 性的少数者らへの差別的発言がトランプ米大統領と共通することから、ボルソナロ氏は「ブラジルのトランプ…

この記事は有料記事です。

残り349文字(全文567文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  3. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです