メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
平成のむすびに

東北から/2 40代で転身、人生一変 女性がより活躍する社会へ 脚本家・内館牧子さん

 連続テレビ小説「ひらり」や、大河ドラマ「毛利元就」などの脚本を手がけ、数々のヒットを生み出してきた。映画化された「終わった人」や直近の「すぐ死ぬんだから」などの著書も人気だ。秋田市出身の脚本家、内館牧子さん(70)にとって平成は、女性が活躍できる仕事を求めて会社員を辞め、脚本家として走り抜いてきた30年だ。彼女に平成を振り返ってもらった。

 --大学卒業後、三菱重工に入社。女性会社員として働きながら「もっと女性を使ってくれる仕事」を求めて…

この記事は有料記事です。

残り1402文字(全文1623文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 防衛相、GSOMIA破棄の「間隙突いた」 北朝鮮弾道ミサイル

  3. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  4. 韓国側との情報共有、防衛相「オファーはしたい」 北朝鮮ミサイル発射

  5. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです