連載

いばらき魅力遺産

毎日新聞デジタルの「いばらき魅力遺産」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

いばらき魅力遺産

/2 新キネマの天地/下 心に絵になる風景 映画への情熱、大きく育て 古河育ちの樋口真嗣監督 /茨城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 映画「シン・ゴジラ」(2016年公開)の監督と特技監督を務めた樋口真嗣さん(53)は小中高時代を古河市で過ごし、映画監督を志す原体験を積んだ。県立古河第三高時代には初めて映画を作り、その楽しさに目覚めたという。

 高3の1983年夏、秋の文化祭に向け映画製作に取り組んだ。前年に公開されたSF映画「ブレードランナー」に触発され、同級生数人と愛好会を作り、夏休みに撮影した。

 物語は、宇宙人が学校征服を企て生徒に紛れ込み、落ちこぼれの生徒がそれを阻止するという荒唐無稽(むけい)なもの。校長や人気者の生徒、話したこともない美人の後輩にも出演してもらった。

この記事は有料記事です。

残り931文字(全文1207文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集