メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニューイヤー駅伝

SUBARU健闘10位 目標の入賞まであと一歩 /群馬

 元日の「ニューイヤー駅伝2019inぐんま 第63回全日本実業団対抗駅伝競走大会」(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社など共催)で、県勢のSUBARUは昨年の22位を上回る10位でフィニッシュした。チームの目標としていた「8位以内入賞」にあと一歩届かず、奥谷亘監督は「あと一枚足りなかった。そういうオーダーを組み、選手たちに申し訳ない」と悔しさをにじませた。【菊池陽南子】

 大集団のままレースが展開された1区。阿久津圭司選手は2・5キロ手前のスパート合戦で後退したものの、…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神戸バス暴走 「一緒に仕事していた仲間」「お姉ちゃん先生」 犠牲の若者2人を悼む声
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. リュックの男ためらいなく スリランカ同時テロ現場ルポ 綿密に計画か
  4. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  5. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです