メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
平成歌物語

東京の30年をたどる/2 踊り笑える曲一番 老舗キャバレー「ハリウッド」北千住店の土田幸三さん /東京

 「お客さんは最後まで、平成の歌について来られなかったね」。老舗キャバレー「ハリウッド」北千住店の片隅で、土田幸三さん(67)はため息をついた。首都圏の計6店で総支配人を務め、フロアに41年間立ち続けた土田さんは、店に集う人々と流れる歌に、平成の30年の移ろいをみる。

    ◇

 秋田県生まれ。1975年ごろ、ボストンバッグを抱えて新宿・歌舞伎町に降り立った。「ネオンがギラギラして怖かった」。やがて「昭和のキャバレー王」と言われた「ハリウッド」の名物オーナー・福富太郎さん(故人)の下で修業を始めた。

 キャバレーと言えば、ホステスがいて、ダンスフロアがあって、生バンドがショーを見せるもの。土田さんは…

この記事は有料記事です。

残り975文字(全文1276文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水質は最悪の「レベル4」 パラトライアスロンW杯スイム中止

  2. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  3. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  4. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  5. 「世間に疲れた」 秋葉原事件にも共感 孤立深めた京アニ放火容疑者

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです