メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成歌物語

東京の30年をたどる/2 踊り笑える曲一番 老舗キャバレー「ハリウッド」北千住店の土田幸三さん /東京

 「お客さんは最後まで、平成の歌について来られなかったね」。老舗キャバレー「ハリウッド」北千住店の片隅で、土田幸三さん(67)はため息をついた。首都圏の計6店で総支配人を務め、フロアに41年間立ち続けた土田さんは、店に集う人々と流れる歌に、平成の30年の移ろいをみる。

    ◇

 秋田県生まれ。1975年ごろ、ボストンバッグを抱えて新宿・歌舞伎町に降り立った。「ネオンがギラギラして怖かった」。やがて「昭和のキャバレー王」と言われた「ハリウッド」の名物オーナー・福富太郎さん(故人)の下で修業を始めた。

 キャバレーと言えば、ホステスがいて、ダンスフロアがあって、生バンドがショーを見せるもの。土田さんは…

この記事は有料記事です。

残り975文字(全文1276文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

  2. 「手術女性患者にわいせつ」医師に無罪判決 「女性に性的幻覚の可能性」 東京地裁

  3. こんぴらさん名物「石段かご」26日に終了 担ぎ手高齢化「苦渋の決断」

  4. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  5. サラリーマン川柳 「我が家では 最強スクラム 妻・娘」 第33回サラリーマン川柳優秀100句を発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです