メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
古式日本刀鍛錬打ち初め式

火花飛び散り、大鎚快音響く 関・鍛冶伝承館 /岐阜

 刃物の産地で知られる関市の関鍛冶伝承館で2日、新春恒例の「古式日本刀鍛錬打ち初め式」があった。刀匠たちが約700年続く伝統の技で、詰めかけた観客を魅了した。

 同館の付帯施設で刀作りを一般公開する「日本刀鍛錬場」は昨年4月にリニューアルオープン。風雨が入り込まないよう外壁を設けたほか、観客用の座席を増設。…

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文384文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  2. 大阪メトロ、車掌が乗務中にディズニーツムツム「駄目なのは分かりつつ…」

  3. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  4. 「明治フルーツ」販売終了 60年の歴史に幕

  5. 「トランプ公式プラ製ストロー」販売開始 ロゴ入り10本で1600円 「紙」に対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです