メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

書き初め

真剣に筆握る 小中生265人 和歌浦天満宮 /和歌山

真剣な表情で書き初めをする子どもたち=和歌山市和歌浦西2の和歌浦天満宮で、砂押健太撮影

 和歌山市和歌浦西2の和歌浦天満宮で2日、新春恒例の書き初め大会があった。県内外の小中学生265人が参加し、真剣な表情で筆を握った。

 今年で45回目。作品は書道の上達を願って奉納され、県内の書道家が入賞作を選んで8日以降に同天満宮に展示する。子供たちは「希望の初春」「夢の実現」「正しい人」などの言葉…

この記事は有料記事です。

残り120文字(全文270文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  2. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く
  3. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
  4. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  5. ジャニーズ「圧力の事実はないが当局の調査は重く受け止める」 HPでコメント発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです