メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
四国発・平成の挑戦者

/1 高知 須崎市の「しんじょう君」と市職員・守時健さん 成功の裏に“名演出家”

守時健さん(左)としんじょう君=高知県須崎市で、松原由佳撮影

25年一新

 年間200万円だったふるさと納税による寄付金が、たった1年で6億円近くになる--。そんなサクセスストーリーを歩んだ須崎市。1年で寄付金を約300倍に増やした成功の立役者が、市のご当地キャラクター「しんじょう君」と仕掛け人の市元気創造課の守時健さん(32)だ。

 しんじょう君は、須崎市の新荘川で最後に確認されたニホンカワウソをモチーフにしたキャラクター。2002年に作られたが、あまり積極的な広報はしてこなかった。そんなしんじょう君に、守時さんが目を付けた。キャラクターを活用し、情報発信ができないかと、リニューアルを提案。13(平成25)年、現在の姿に生まれ変わった。SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)などを活用して話題を呼び、16年にはゆるキャラグランプリで頂点に輝いた。

 しんじょう君の人気の裏には、守時さんの細かな分析がある。守時さんはさまざまなゆるキャラを調べ、「キ…

この記事は有料記事です。

残り684文字(全文1084文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水質は最悪の「レベル4」 パラトライアスロンW杯スイム中止

  2. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  3. 時代の風 「嫌韓」とは何なのか 国益なきストレス解消=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

  4. NEWSの窓 国際 日本と韓国 関係悪化、影響広がる

  5. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです