メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

走り続けて

ふくおか鉄道開通130年/2 鉄道模型店「汽笛堂」店主・三宅士朗さん(61)=福岡市早良区 /福岡

「思い出」に応えたい

 「博多駅で線路を見た時、その先に日本中の知らない世界がつながっていると感激したことを覚えています」。あさかぜ、はやぶさ、みずほ……。大好きな列車を見るため駅に通った少年時代を振り返り、目を細める。

 鉄道への興味に目覚めたのは中学生の頃だった。時間さえあればカメラを片手に博多駅などに通い、列車やSLを撮影した。中学3年の時にはSLの引退を惜しみ、写真に収めるため、友人2人と宮崎県まで出かけた。

 大学卒業後、東京などで修業し、28歳でオーナーシェフとして福岡市早良区にフランス料理店を構えた。人…

この記事は有料記事です。

残り555文字(全文813文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 詐欺罪問われた男性に無罪 「調べが適切か検証の必要」 大津地裁判決

  4. クックパッドニュース SNSで大人気!調理にも保存にも大活躍の「アイラップ」を使ったレシピ

  5. ことば AYA世代

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです