メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成という時代

第3部 変化/2(その1) 消費も他人と共有 経済不安、つながり求め

ライドシェアサービス「ノッテコ」を利用し合流したドライバーの田辺英樹さん(左)と、同乗者の橋詰恵里さん=埼玉県川口市で2018年12月、渡部直樹撮影

 師走の週末の朝、埼玉県川口市のJR川口駅前で、同市の会社員、橋詰恵里さん(30)は、車を降りて周囲を見回していた男性に気づき、迷わず駆け寄った。「今日はよろしくお願いします」。笑顔で応じた東京都渋谷区の会社員、田辺英樹さん(48)は、先に車内にいた男性(37)の隣に橋詰さんが座ると、ルームミラー越しに呼び掛けた。「では長野へ出発します」

 この日が初対面の3人をつないだのは、乗り物を共有する「ライドシェア」の仲介サイト「ノッテコ」。田辺…

この記事は有料記事です。

残り641文字(全文861文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. ラグビーW杯観戦後、酔って警備員の顔殴った容疑 電通新聞局長を逮捕 容疑を否認

  5. 即位の儀の恩赦60万人規模に 対象限定「復権」のみ実施

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです