メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成という時代

第3部 変化 モノを買わなくなった若者 ニッセイ基礎研究所主任研究員・久我尚子さん

質問に答える久我尚子さん=東京都千代田区で2018年12月、宮武祐希撮影

 平成が始まった頃と現在の消費行動で一番変わったのは、特に若者がモノを買わなくなったことだ。これには金を使わなくなった、金を使わなくて済むようになった、金を使う先が変わったなどいくつかの要素が混ざり合っている。

 金を使わなくなった背景には、バブル崩壊後の経済の低迷によって賃金が下がり、非正規雇用が増えたことが挙げられる。少子高齢化による社会保障制度への不安もあろう。ただ、金がないから使わないというわけではない。単身勤労世帯をみると、今の若者はバブル期の若者より可処分所得も貯蓄も多く、生活満足度も高い。明るい将来が見込めない中で地に足のついた消費行動になっていったのだろう。

 金を使わなくて済むようになったのは、デフレや流通環境の進化によって消費社会が成熟化し、金をかけなくても多様な商品やサービスを楽しめるようになったためだ。例えばユニクロに代表されるファストファッションのように、安価で高品質な商品が手に入り、選択の幅も広がった。いいモノイコール高いモノ、ブランド物という従来の物差しでは判断できなくなり、高級ブランドへの欲求や憧れが薄れ、持つことがステータスではなくな…

この記事は有料記事です。

残り1090文字(全文1579文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

  2. 自宅で腹から出血、24歳会社員女性死亡 殺人の疑い 兵庫・姫路

  3. 埼玉で新たに34人感染確認 新型コロナ

  4. 俳優・榊原徹士さんコロナ感染 山本裕典さんらと同じ舞台に出演

  5. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです