連載

なるほドリ

ニュースの背景や素朴な疑問を「なるほドリ」が質問。担当記者がQ&Aでわかりやすく答えます。

連載一覧

なるほドリ

6日の日食どう観察するの? 厚紙の小穴で投影可能 直視は厳禁=回答・伊藤奈々恵

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
小さな穴を通して投影された日食=2012年5月21日、柴田光二撮影
小さな穴を通して投影された日食=2012年5月21日、柴田光二撮影

 なるほドリ もうすぐ、日食(にっしょく)が起きるって聞いたよ。

 記者 6日午前、天気がよければ、太陽の一部が欠ける部分日食が全国で観察できます。日本での日食は2016年3月9日以来ですが、前回は天気が悪く、北海道など一部の地域でしか見られませんでした。

 Q 太陽が欠けるなんて、不思議だね。

 A 月が太陽の前を横切り、太陽を隠すのです。国立天文台によると、欠ける面積が最大になる時刻と割合は、札幌10時13分(42%)▽東京10時6分(30%)▽福岡9時47分(20%)▽那覇9時39分(6%)--などです。北の地域ほど大きく欠けます。

この記事は有料記事です。

残り510文字(全文779文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集