メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「壁」と世界

第1部 怒れる司祭たち/3 与党、司法を掌握

右派政党「法と正義」の辞任要求を拒否し続けたゲルスドルフ最高裁長官=2018年10月

 「私には憲法を守る義務がある。(憲法違反の)法律に従って辞任することはできない」。ポーランドの首都ワルシャワにある最高裁判所。マルゴジャタ・ゲルスドルフ最高裁長官(66)はそう語気を強め、記者の顔を見据えた。

 与党の右派政党「法と正義」(PiS)は昨年7月、司法改革の一環として、最高裁判事の定年を70歳から65歳に引き下げ、定年後も職務継続を求める場合は大統領の許可を必要とした。72人の最高裁判事のうち、65歳以上はゲルスドルフ氏を含め27人。大統領はPiS出身で、PiSによる「判事の選別」は明らかだった。憲法では長官の任期は6年で、ゲルスドルフ氏の任期は2020年まで。ゲルスドルフ氏はPiSから辞任要求を受けながらも、長官室への出勤を継続する「籠城(ろうじょう)」生活に入った。

 カトリック司祭らの支持を受け、15年に下院で単独過半数を得て政権を樹立したPiSは、「共産主義時代…

この記事は有料記事です。

残り795文字(全文1190文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  5. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです