メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2019現代の書・新春展

今いきづく墨の華 みなぎる挑戦心 東京・銀座2会場で、きょう開幕

 「2019現代の書 新春展-今いきづく墨の華-」(主催・毎日新聞社、毎日書道会)が3~9日、東京・銀座の和光ホールとセントラルミュージアム銀座の2会場で開かれる。毎日書道展に集う124人の力作との出合いは「現代の書」の自由な精神と多彩な展開を実感できる格好の機会だ。【桐山正寿】

 お正月の銀座。華やかな雰囲気の中、「新春展」はすっかり新春の催しとして定着した。2002年にスタートし、「現代の書」の芸術性と今日性を追求し続け、今回18回目となった。漢字、かな、近代詩文書、大字書、前衛書、篆刻(てんこく)、刻字といった「現代の書」の自由で多彩な展開が実感できるだろう。

 和光ホールでは、毎日書道会最高顧問、常任顧問、顧問、理事、監事の24人、セントラルミュージアム銀座には65歳以下から選抜された100人の最新作が並べられる。

この記事は有料記事です。

残り1368文字(全文1732文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 報道は「密」を演出したのか カメラマンから見た「圧縮効果」批判と撮る側の悩み

  2. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. ORICON NEWS 吉川ひなの、第3子妊娠を報告「5人家族になることになりました!」

  5. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです