メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2019現代の書・新春展

今いきづく墨の華 みなぎる挑戦心 東京・銀座2会場で、きょう開幕

 「2019現代の書 新春展-今いきづく墨の華-」(主催・毎日新聞社、毎日書道会)が3~9日、東京・銀座の和光ホールとセントラルミュージアム銀座の2会場で開かれる。毎日書道展に集う124人の力作との出合いは「現代の書」の自由な精神と多彩な展開を実感できる格好の機会だ。【桐山正寿】

 お正月の銀座。華やかな雰囲気の中、「新春展」はすっかり新春の催しとして定着した。2002年にスタートし、「現代の書」の芸術性と今日性を追求し続け、今回18回目となった。漢字、かな、近代詩文書、大字書、前衛書、篆刻(てんこく)、刻字といった「現代の書」の自由で多彩な展開が実感できるだろう。

 和光ホールでは、毎日書道会最高顧問、常任顧問、顧問、理事、監事の24人、セントラルミュージアム銀座…

この記事は有料記事です。

残り1397文字(全文1732文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 体操 世界選手権 内村、代表入り消滅 種目別予選回避で
  2. 白い野生パンダを初めて撮影 中国・四川省
  3. トランプ米大統領 来日 首相、蜜月アピール 「やり過ぎ」野党批判
  4. 東京駅八重洲口歩道にタクシー乗り上げ 1人軽傷
  5. トランプ氏相撲観戦 升席で「特別扱い」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです