メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

創価大

変化をつくり、世界へ生かす SDGs、理念に通じる教育・研究 馬場善久学長に聞く

 国連が、地球を守るための人類共通の課題「持続可能な開発目標」(SDGs)を採択して4年になる。開学当初からSDGsの理念に通じる教育・研究を展開し、充実させてきた創価大学(東京都八王子市)の馬場善久学長にその意義と取り組みを聞いた。【川上克己】

 --創価大学は「創造的人間」という教育目標で知られています。

 創立者の池田大作先生は1973年の第3回入学式で「創造的人間たれ」との言葉を贈りました。価値を創造し、人類に還元することが使命だと若者に伝えたのです。自分の幸せばかりを追い求めるのではなく、人類が直面する課題の解決のために知恵を絞る--。それが「創造的人間」のエッセンスです。そこから、創価大学が大事にしている「地球市民」という考え方に進化し、世界への貢献を柱に据えて教育に取り組んできました。

この記事は有料記事です。

残り2791文字(全文3143文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  2. 「このままでは核兵器はなくならない」 ジャパネット創業者が「伝える」核廃絶と平和

  3. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』新情報解禁 「心を燃やせ」新キービジュアル&PV、キャスト公開で猗窩座役は石田彰

  4. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  5. 風知草 鬼滅ブームと菅伝説=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです