メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「新年」に食べる

日本の中の世界/2 帽子かぶった鶏煮込み

エチオピアの正月料理を詰めたメソブを手にするセイファさん=東京都目黒区のレストラン「Addis」で2018年12月11日、尾籠章裕撮影

 <くらしナビ ライフスタイル>

 3000年の歴史を持つ東アフリカ・エチオピア。正月は西暦の9月で黄色い花が満開だ。祝い事には鶏をさばいて肉煮込みを作り、食後は日本の茶道に似たコーヒーセレモニーを楽しむ。

 ●手間かけ軟らかく

 麦わら帽子のようなふたで覆われたメソブという器が運ばれてきた。ふたを取ると、くるくると丸められた発酵パンのインジェラと煮込み料理が盛りつけられている。メソブは麦の茎を編んで作られており、同じ素材の脚を付けて食卓の役目を果たす場合もある。インジェラは皿代わりに煮込み料理の下にも敷かれる。

 煮込みは、「バルバレ」というエチオピアの伝統的なミックス香辛料とバターで軟らかく煮込んだ骨付き鶏肉…

この記事は有料記事です。

残り1402文字(全文1708文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48加藤美南、不適切な投稿を謝罪「しっかりと反省」 研究生に降格処分も発表
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 元NGT山口さん放送に「チャンネル変えて」 投稿の加藤美南さん降格、全メンバーSNS停止
  4. 東京・新橋で5台絡む事故 子ども乗せた観光バスも
  5. 英・離脱党党首にシェーク 警察販売自粛要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです