メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「新年」に食べる

日本の中の世界/2 帽子かぶった鶏煮込み

エチオピアの正月料理を詰めたメソブを手にするセイファさん=東京都目黒区のレストラン「Addis」で2018年12月11日、尾籠章裕撮影

 <くらしナビ ライフスタイル>

 3000年の歴史を持つ東アフリカ・エチオピア。正月は西暦の9月で黄色い花が満開だ。祝い事には鶏をさばいて肉煮込みを作り、食後は日本の茶道に似たコーヒーセレモニーを楽しむ。

 ●手間かけ軟らかく

 麦わら帽子のようなふたで覆われたメソブという器が運ばれてきた。ふたを取ると、くるくると丸められた発酵パンのインジェラと煮込み料理が盛りつけられている。メソブは麦の茎を編んで作られており、同じ素材の脚を付けて食卓の役目を果たす場合もある。インジェラは皿代わりに煮込み料理の下にも敷かれる。

 煮込みは、「バルバレ」というエチオピアの伝統的なミックス香辛料とバターで軟らかく煮込んだ骨付き鶏肉…

この記事は有料記事です。

残り1402文字(全文1708文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  4. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  5. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです