メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビー

全国大学選手権 決勝は天理大VS明大

【帝京大-天理大】後半、攻める帝京大をタックルで止める天理大の選手たち=和田大典撮影

 王者・帝京大の牙城がついに崩れた。2日に行われたラグビーの全国大学選手権準決勝(東京・秩父宮)で、天理大(関西1位)が9連覇中の帝京大(関東対抗戦1位)を29-7で破り、7大会ぶりに決勝へ進んだ。明大(同4位)は早大(同2位)に31-27で競り勝ち、2大会連続の決勝進出を決めた。

 天理大は接点で優位に立ち、セットプレーでも帝京大を圧倒。快勝した。明大は前半終了間際に早大を逆転し、逃げ切った。

 決勝は12日に秩父宮ラグビー場で行われ、天理大は初優勝、明大は22大会ぶり13回目の大学日本一を目…

この記事は有料記事です。

残り1736文字(全文1985文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  2. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

  3. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  4. 首相、施政方針で「台湾」に言及 異例の演説、どよめきと5秒間の拍手も

  5. 乗客が嘔吐 とっさにワイシャツ脱ぎ処理 救護の高3に感謝状

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです