メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校ラグビー

報徳学園57-19国学院栃木 磨いたキック、意表突く

【報徳学園-国学院栃木】前半、中央ラインのラックからボールを持ち出し、報徳学園・宮崎隼が独走のトライ=山崎一輝撮影

第4日(1日・東大阪市花園ラグビー場)

 ■ズーム

宮崎隼人(3年)報徳学園・CTB

 キックの精度と状況判断が抜群だった。「うまくスペースを見つけられた。100点です」。意表を突くプレーでスタンドを沸かせ、ノーシードながら勝ち上がってきた相手の勢いを消し去った。

 前半4分、ハーフウエー付近でのラックから出たボールを受けた。縦にわずかなスペースを見つけると、相手防御の間をグラバーキックで通し、自らキャッチして一気に加速。5人を置き去りにする約45メートル独走の先制トライを挙げた。前…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文602文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 社説 天皇陛下の沖縄訪問 寄せ続けた深いお気持ち

  5. 「規律と自主性」ぶつかり合い、そして歩み寄ったリーチ主将とジョセフHC 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです