メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍首相

改元、現天皇が署名 新元号の決定・公布分けず

 安倍晋三首相は5月1日の新天皇即位に伴う新元号を4月1日に閣議決定し、事前公表する意向を固めた。政府関係者が1日未明に明らかにした。4月中に今の天皇陛下が改元の政令に署名して公布し、5月1日から新元号を施行する方針だ。首相が4日の年頭記者会見で表明する。(3面にクローズアップ)

 政府は昨年5月、「改元1カ月前」の公表を想定して準備するよう各省庁に指示。しかし自民党内外の保守派が「明治以来の一世一元(天皇1人に元号は一つ)に反する」として事前公表に反対し、公表時期の調整が続いていた。

 ただ新元号を事前に一切公表せずに5月1日の新天皇即位を迎えれば、国民生活への影響が大きい。このため、保守派は事前公表は容認するものの、改元の政令に即位後の新天皇が署名して公布することで「天皇と元号の一体不可分性」を維持するよう求めた。

この記事は有料記事です。

残り358文字(全文720文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  2. バッハIOC会長 東京オリンピックに自信「ワクチンなしでも安全に開催できる」

  3. 羽生善治九段、藤井聡太2冠に80手で公式戦初勝利 王将戦リーグ

  4. 同性カップル、2府県67市区町が公認 1000組超認定 支援団体「法制化を」

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです