メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニューイヤー駅伝

旭化成V3 スパート制す

 「ニューイヤー駅伝inぐんま 第63回全日本実業団対抗駅伝競走大会」(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社・TBSテレビ・群馬県共催)は1日、前橋市の群馬県庁を発着点とする7区間100キロのコースで行われ、旭化成が4時間51分27秒で3連覇を果たし、自らの最多優勝記録を24回に伸ばした。3連覇は2001~03年のコニカ(現コニカミノルタ)以来で、チームとしては20年ぶり5回目。(2面に旭化成・宗猛総監督の「ひと」)

 6区の市田宏の3年連続区間賞となる快走でトップに浮上。最終7区の大六野が残り100メートルを切って…

この記事は有料記事です。

残り2425文字(全文2686文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 定食「やよい軒」、一部店舗でおかわり有料化 客から「不公平感」に意見
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 吉川市 市長、職員の暴言謝罪 抗議受けALS患者に /埼玉
  5. 維新が兵庫で勢力拡大 大阪の勢い取り込み 県内市議選、18人中17人当選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです