メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校ラグビー

報徳学園57-19国学院栃木 変幻自在、報徳の発想力

【報徳学園-国学院栃木】前半、中央ラインのラックからボールを持ち出し、報徳学園・宮崎隼が独走のトライ=東大阪市花園ラグビー場で2019年1月1日、山崎一輝撮影

第4日(1日・東大阪市花園ラグビー場)

 ■マイボール

精密キックで意表突く 宮崎隼人(はやと)(3年) 報徳学園・CTB

 キックの精度と状況判断が抜群だった。「うまくスペースを見つけられた。100点です」。意表を突くプレーでスタンドを沸かせ、ノーシードながら勝ち上がってきた相手の勢いを消し去った。

 前半4分、ハーフウエー付近でのラックから出たボールを受けた。縦にわずかなスペースを見つけると、相手防御の間をグラバーキックで通し、自らキャッチして一気に加速。5人を置き去りにする約45メートル独走の…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. JR北海道 猛暑で運休 レール変形の恐れ
  2. 尾を引く丸山穂高議員の「戦争」発言 問題行動も次々 北海道内外で波紋
  3. クマの出没、山口県内で相次ぐ 過疎化で生息域管理難航、進出域拡大
  4. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  5. トランプ米大統領 来日 首相、蜜月アピール 「やり過ぎ」野党批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです