新型新幹線で360キロ試験へ JR東海

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
共同インタビューに応じるJR東海の金子慎社長=名古屋市中村区の同社本社で2018年12月21日、黒尾透撮影
共同インタビューに応じるJR東海の金子慎社長=名古屋市中村区の同社本社で2018年12月21日、黒尾透撮影

 JR東海は、東海道新幹線の新型車両「N700S」の試験車で、今年中に時速360キロでの走行試験を行う。実車に近い確認試験車では、東海道新幹線の過去最高速度という。

 既に時速330キロでの走行試験は行っており、さらに速度を上げても安定走行できることを確かめる。ただ、2020年度に導入予定の営業車では、現在の最高速度(東…

この記事は有料記事です。

残り241文字(全文401文字)

あわせて読みたい

注目の特集