メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「新たな本との出会いを」草津市立図書館が本の福袋を貸し出し

「新たな本との出会いを」との思いで準備された本の福袋=滋賀県草津市草津町の市立図書館で2018年12月27日、礒野健一撮影

 滋賀県草津市立図書館(同市草津町)が5、6の両日、「新春図書館福袋」を貸し出す。(1)乳幼児向け(2)児童向け(3)大人向け――の3種類で、司書らが選んだオススメ本3~5冊を中身が見えないよう袋に包んだ。「タイムスリップ」「もしも○○だったら」「料理×イケメン」など、中身の本に共通するキーワードを記したカードも添えられている。

 同図書館は昨年10月、蔵書に貼ったICタグをタグリーダーが認識し、貸し出し処理をするシステムを導入。本が外から見えなくても処理が可能になった。福袋を企画した司書の神村茉里さんは「新しいシステムを利用して何か面白いことをしようと考えた。よく来られる方も向かう本棚は同じことが多く、福袋をきっかけに、出会ったことのないジャンルを知るきっかけにしてほしい」と話した。

この記事は有料記事です。

残り69文字(全文415文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 手話で受け付け 病院予約を代行 藤岡市、ビデオ通話 /群馬

  3. はや2くんの大航海 HAYABUSA2応援ページ はやぶさ2帰還をスマホで体感 大気圏に進入「火球」観測アプリを公開 JAXA

  4. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  5. 政府、皇籍離脱の女性皇族に「皇女」の尊称検討 公務への協力委嘱

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです