メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東福岡、後半勝負で九州対決制す 高校ラグビー

【東福岡-長崎北陽台】前半、タックルを受けながら突進する東福岡・川崎=東大阪市花園ラグビー場で2019年1月3日、平川義之撮影

 ○東福岡(福岡)40-12長崎北陽台(長崎)●(高校ラグビー準々決勝・3日)

 九州勢同士、互いの手の内は知り尽くしていた。そんな東福岡の藤田監督が「ターニングポイント」と振り返ったのは、前半16分から約8分間にわたった長い防御だ。長崎北陽台自慢のFW陣に自陣22メートル付近からモールでゴール前約5メートルまで押し込まれた。その後もボールを保持されたまま劣勢が続くが、低く、集散の速いディフェンスで粘り切り、相手の反則で乗り切った。

 現チームでは、長崎北陽台に公式戦2連勝の東福岡。だが、藤田監督は「(これまでは)参考にならない」と…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文570文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  2. 昭恵夫人「私人」なのに「桜を見る会」で推薦枠? 公私混同では?

  3. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  4. 介護疲れか 殺人容疑で逮捕の妻「3人の首絞めた」 福井・敦賀

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです