メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

思い通りのキックが得点に 桐蔭学園SO・津田 

【桐蔭学園-天理】前半、PGを決める桐蔭学園・津田=東大阪市花園ラグビー場で2019年1月3日、平川義之撮影

 ○桐蔭学園(神奈川)44-29天理(奈良)●(高校ラグビー準々決勝・3日)

桐蔭学園SO・津田貫汰(かんた)(3年)

 自陣から蹴り上げたボールがグンとひと伸びし、ゴールまで5メートル付近を転々としてタッチラインを割った。後半開始直後、陣地を大きく挽回する効果的なキック。再びマイボールにしてバックス展開からトライにつなげ、「思い通りのキックで得点に結びついた」とうなずいた。

 「あこがれの場所」という花園の第1グラウンド。前半2分に約30メートルのPGを決め、「リラックスで…

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文552文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  2. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  3. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  4. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  5. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです