メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

船村徹さんが60年前に贈った慰問曲 塀の向こうの「明日に夢を」 栃木刑務所に歌声復活へ

栃木刑務所の女性受刑者に音楽指導をしている内田繁さん=栃木市惣社町の同刑務所で、野田樹撮影

 戦後歌謡界を代表する作曲家で、2017年2月に84歳で亡くなった船村徹さんの作品に「明日に夢を」という曲がある。国内最大の女性刑務所・栃木刑務所(栃木市)の受刑者に、約60年前に贈ったものだ。歌われる機会がしばらく減っていたが、受刑者に音楽指導をしてきた男性が昨年秋、自宅で楽譜のコピーを見つけ、約40年ぶりに所内の演奏会で歌声を響かせようと、受刑者たちと練習に励んでいる。【野田樹】

 男性は栃木市の会社役員、内田繁さん(76)。同じ栃木県出身の船村さんとは、地元後援会のまとめ役など…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  2. 2億円超記載漏れ「常軌を逸している」 維新との対決を評価する声も 堺市民の声
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  5. 幼稚園バスなど5台絡む多重事故で2人死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです