連載

人生は夕方から楽しくなる

ベテラン記者が大人ならではの滋味ある話を求め、旬の人と語り合う大型インタビュー。人生が楽しくなるヒントをお届けします。金曜日更新。

連載一覧

人生は夕方から楽しくなる

舞踊家・牧阿佐美さん 本家ロシアで大舞台、目線の先に世界がある

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「いつか日本にも国立のバレエ学校を作ってほしいですね」=東京都中野区で、渡部直樹撮影
「いつか日本にも国立のバレエ学校を作ってほしいですね」=東京都中野区で、渡部直樹撮影

 60年以上にわたって日本のバレエ界を引っ張ってきた指導者は、年末年始も多忙を極めていた。15日からは、ロシア・ウラジオストクのマリインスキー劇場で、全幕バレエ「飛鳥 ASUKA」を上演する。極東最高峰の劇場で、日本のバレエ団が公演するのは初めてだ。

 物語の舞台を飛鳥時代にしたのはなぜ? 「当時の奈良は大陸との文化交流が盛んな国際都市でした。ロシア生まれの『白鳥の湖』が世界中で踊られているように、外国人にも踊ってもらえる作品を作りたかった」

 戦国時代や江戸時代の物語にすると、ダンサーが着物で踊ることになる。足を高く上げたりジャンプしたりするバレエの動きには合わない。「国際的だった飛鳥時代は服装も洋服に近いし、今の時代に合うと思うのです」。年を重ねるごとに、発想が柔軟になっているようだ。

この記事は有料記事です。

残り1269文字(全文1616文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集