メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生は夕方から楽しくなる

舞踊家・牧阿佐美さん 本家ロシアで大舞台、目線の先に世界がある

「いつか日本にも国立のバレエ学校を作ってほしいですね」=東京都中野区で、渡部直樹撮影

 60年以上にわたって日本のバレエ界を引っ張ってきた指導者は、年末年始も多忙を極めていた。15日からは、ロシア・ウラジオストクのマリインスキー劇場で、全幕バレエ「飛鳥 ASUKA」を上演する。極東最高峰の劇場で、日本のバレエ団が公演するのは初めてだ。

 物語の舞台を飛鳥時代にしたのはなぜ? 「当時の奈良は大陸との文化交流が盛んな国際都市でした。ロシア生まれの『白鳥の湖』が世界中で踊られているように、外国人にも踊ってもらえる作品を作りたかった」

 戦国時代や江戸時代の物語にすると、ダンサーが着物で踊ることになる。足を高く上げたりジャンプしたりす…

この記事は有料記事です。

残り1344文字(全文1616文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチローが第一線退く意向 球団に伝える 21日試合後に会見
  2. 「イチロー、ボールが見えていない印象」 村上雅則氏が指摘
  3. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  4. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  5. 第91回選抜高校野球 開会式で国歌独唱 幕張総合高3年・菅谷茉友さん意気込み /千葉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです