メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台をゆく

大阪市・大阪天満宮周辺(高田郁「銀二貫」) 天神橋筋商店連合会(1・2・3丁目)会長・盛岡淑郎さん(75)

ご縁の印掲げ、さらに活況

 昔は天神祭の船渡御で、浄瑠璃の人形のような「お迎え人形」を船のへさきに乗せていました。各町会で保有していましたが、戦争でほとんど焼けてしまいました。焼け残った人形の一部を利用して復活させ、アーケード入り口に商店街の顔として飾っています。人形の上には大阪天満宮の紋。天神さんとの関係を表しています。

 以前はここで結納用品の店を経営していました。店は約200年前の江戸時代には髪結い屋。日本髪を結う時…

この記事は有料記事です。

残り203文字(全文414文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 三鷹でアパート火災、1階の部屋から1遺体
  3. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り
  4. 硫黄島戦没者遺骨 遺族「DNA鑑定を」 厚労省は「遺品なし」理由に拒否
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです