メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

続・西谷流地球の歩き方

「邪魔者は消せ」戦時の習い

拷問部屋の囚人像=西谷文和さん撮影

 北イラクのスレイマニア市に「アムナ・スラーカ博物館」がある。ここはフセイン時代の治安警察&刑務所で、イラクからの独立を求めるクルドの活動家を逮捕し、拷問していた場所である。

 クルドは国を持たない世界最大の少数民族で、イラクやイラン、シリアなどに住んでいる。1980年から8年続いたイラン・イラク戦争中、イランのホメイニ師はイラクのクルド人に武器を与え「フセイン打倒」を呼びかける。つまり敵の敵は味方。イランに支援された自国民のクルド部隊がバグダッドに攻めてくる。焦った独裁者の答えは「アンファール作戦」…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 投の横浜と強打の明豊が対決 センバツ第2日の見どころ
  2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  3. 囲碁・将棋スペシャル 将棋 C級1組 泉八段 順位戦最後の将棋 「これからは見る側に」
  4. 習志野が10年ぶり初戦突破 一回に猛攻 日章学園降す
  5. 明豊が三回一気に逆転 横浜・及川は5点を奪われ降板

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです