連載

再生の道標

毎日新聞デジタルの「再生の道標」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

再生の道標

西日本豪雨半年 庁舎、高台移転に苦悩 利便性と予算が壁

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
西日本豪雨で1階部分が浸水した岡山県倉敷市真備支所=同市提供
西日本豪雨で1階部分が浸水した岡山県倉敷市真備支所=同市提供

 西日本豪雨で最も広範囲に被害を受けた岡山県倉敷市真備(まび)町地区は、市役所支所の浸水で行政機能が失われ、復興の足かせとなった。2015年の国の調査では、自治体の3割以上が浸水想定区域に災害対策本部を設置予定で、全国的な課題でもある。一方で庁舎の高台移転は予算や住民アクセスの観点からハードルが高く、ジレンマを抱えている。【高橋祐貴】

 「今回のような豪雨は今後数十年間は起きないだろうという判断だ。住民の利便性も考慮に入れた」。倉敷市総務課の担当者はこう話す。真備支所では浸水前と同じ場所で、1階部分の改修工事が進められている。

この記事は有料記事です。

残り696文字(全文961文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集