メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
平成のむすびに

東北から/3 1分1秒を大切に 懸賞生活あってこそ タレント・なすびさん

 平成時代の側面にあるのは、孤独や若者の自殺、希望の見えなさ……。次の時代を生きるために大切なことは何なのか。20年前に懸賞だけで生活するテレビ番組で人気を博し、2016年には4度目の挑戦でエベレスト登頂に成功したタレント、なすびさん(43)の歩みから考えたい。

 --テレビ局の一室に約30人の芸人らが集められた。バラエティー番組「電波少年シリーズ」の新企画オーディション。「一番運がいい人を選びます」。引いた三角くじに<当たり>とあった。

 「服も食べ物も懸賞で当てろ」。アパートの一室に閉じ込められ、裸で懸賞はがきを書き続けた。ドッグフー…

この記事は有料記事です。

残り1201文字(全文1471文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  2. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

  3. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

  4. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  5. スワン型うきわ 目を離さないで 行楽シーズン、注意呼びかけ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです