メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成のむすびに

東北から/2 40代で転身、人生一変 女性がより活躍する社会へ 脚本家・内館牧子さん

 連続テレビ小説「ひらり」や、大河ドラマ「毛利元就」などの脚本を手がけ、数々のヒットを生み出してきた。映画化された「終わった人」や直近の「すぐ死ぬんだから」などの著書も人気だ。秋田市出身の脚本家、内館牧子さん(70)にとって平成は、女性が活躍できる仕事を求めて会社員を辞め、脚本家として走り抜いてきた30年だ。彼女に平成を振り返ってもらった。

 --大学卒業後、三菱重工に入社。女性会社員として働きながら「もっと女性を使ってくれる仕事」を求めて…

この記事は有料記事です。

残り1402文字(全文1623文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  3. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  4. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  5. 新海監督、京アニに「どうかご無事で」 米国では寄付募集の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです