メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いばらき魅力遺産

/3 「農」の挑戦 農場経営「水戸ドロップファーム」 IT駆使、残業ゼロに /茨城

人気のトマト、育児と両立

 水戸市中心部から車で約30分。田畑が広がる田園地帯に総面積約5000平方メートルの大きなビニールハウスが見えてくる。広島県出身の三浦綾佳さん(29)が社長を務める会社の農場「ドロップファーム」だ。甘みの強いフルーツトマト4種類が年間計約40トン生産され、地元のスーパーや百貨店などへ出荷される。

 フルーツトマトは宝石のように色鮮やかな見た目と、普通のトマトより糖度が約2倍あるのが特徴。その上、美肌効果のあるビタミンCやリコピンなどの成分が豊富に含まれていることから女性を中心に人気を集める。

この記事は有料記事です。

残り990文字(全文1249文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 報道は「密」を演出したのか カメラマンから見た「圧縮効果」批判と撮る側の悩み

  2. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. ORICON NEWS 吉川ひなの、第3子妊娠を報告「5人家族になることになりました!」

  5. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです