メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

四国発・平成の挑戦者

/2 香川 日プラ(三木町) 敷山哲洋さん アクリル板で水族館“革命”

ゼネコンが構想する深海未来都市向けに、78枚のアクリルを重ねて試作した厚さ約3メートルのアクリル製の壁の傍らに立つ敷山哲洋さん=香川県三木町の日プラ本社で、植松晃一撮影

 水槽用アクリルパネルの製造を手がける「日プラ」(香川県三木町)の敷山哲洋(しきやまてつひろ)さん(85)は、平成に水族館を変えた一人だ。ギネス記録にもなった大パネル(幅22・5メートル、高さ8・2メートル、厚さ60センチ)がある沖縄美ら海水族館(沖縄県本部町)など、アクリル素材を使った大型水槽を世界に普及させ、生物を観察できる機会を大きく広げた。

 初製作は、1969(昭和44)年に屋島山上水族館(現新屋島水族館、高松市)が開園した時だ。観覧しやすさを求める水族館の経営会社は、当時のガラス水槽で当たり前だった水圧に耐えるための柱を外すよう要望。難題にガラスメーカーは撤退し、同年設立されたばかりの日プラに声がかかった。

この記事は有料記事です。

残り524文字(全文836文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 新たに259人感染 国内計2933人に 東京で最多78人 山形で初確認

  2. 宮藤官九郎さん新型コロナ感染 「まさか自分が、と過信してしまい…」

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 緊急事態宣言は「抜かない宝刀」? 安倍政権が恐れるシナリオ 新型コロナ

  5. 消えた「春開催」 小池知事のあの一言から…東京オリンピック1年延期

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです