メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

工芸展

勝運や昇気 イノシシ多彩 飯塚 /福岡

 飯塚市勢田の「杜(もり)の舟」で3日、新春恒例の工芸展「春の夢ひらき」が始まった。新年の干支(えと)にちなみ、主催する木工芸家、内野筑豊(ゆたか)さん(67)が手がけたイノシシをモチーフにした作品などが並ぶ。7日まで。

 1階の干支コーナーに、雄々しくたてがみを立てたものや、耳がとがった可愛らしい姿など4タイプのイノシシが勢ぞろい。それぞれ、鼻の差で勝運をつかむよう…

この記事は有料記事です。

残り277文字(全文461文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  2. 最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  5. 新型コロナ、都内で感染者68人確認

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです