メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

次代につなぐ

大分新時代/3 6年ぶりJ1復帰、トリニータ U18の新星、活躍誓う /大分

 6年ぶりにJ1に挑戦する大分トリニータ。その昇格と同時にトップチームに上がってくるのが、トリニータのユース「U18」の高畑奎汰選手(18)=大分東明高3年=だ。左足からの精度の高いキックが魅力。2016年にはU16日本代表の中国遠征メンバーに選ばれており、将来のA代表入りも期待がかかる。

 大分市出身で、サッカーが好きな父の影響で物心ついた頃からボールに触れていた。幼稚園の時からスクールに通い、中学からトリニータユースに入った。トリニータのJ3降格などトップチームの苦い経験を間近で見てきたが、「自分を成長させてくれたチームで活躍したい」と地元チームでのプレーにこだわる。

 ユースでは、ホームの試合を見に行けるほか、トップ選手と一緒に練習する機会もある。「『自分たちとの差は何だろう』と考えながら、トップ選手のプレーを見ていた」という。トップの技術を盗み、実力を付けていった。「まだスタートラインに立ったばかり。『見ていて楽しい』と思ってもらえる選手になりたい」。J1での活躍を誓った。

この記事は有料記事です。

残り755文字(全文1200文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約から見えてきたこととは

  3. 「大変申し訳なく思う」 首相、与党議員の銀座クラブ訪問を謝罪

  4. 女児へのわいせつ容疑で再逮捕 東京・豊島の女性殺害被告

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです