メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

主要企業アンケート

採用ルール「必要」7割 学生の混乱懸念

 毎日新聞が3日まとめた主要企業アンケートでは、就職・採用活動の解禁日を定めたルールについて、「あった方がよい」との回答が69%(85社)に上った。これまで採用日程を策定してきた経団連は昨年10月、2020年春入社が対象の採用活動を最後にルール廃止を決めたが、会員である大企業にも目安は必要との考えが根強くあることが明らかになった。【横山三加子】

 経団連が定める現行日程は、会社説明会などの広報活動を大学3年生の3月、面接など選考活動を4年生の6月に解禁としている。大学側から存続を望む声が強くあり、政府主導で21年以降も当面は継続する。

この記事は有料記事です。

残り464文字(全文733文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民・石原伸晃元幹事長が新型コロナ感染 派閥領袖で初めて

  2. 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです