メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成という時代

第3部 変化 ITと人間らしい教育、両立を 元文相・有馬朗人さん

 学問をする時は「なぜ」と不思議に感じたり、好奇心を持ったりすることが大切だ。楽しむ心がないといけない。

 旧文部省の中央教育審議会(中教審)会長だった1996年、「これからの教育は『ゆとり』の中で『生きる力』を育てよう」という答申を出した。生きる力とは、一つには自分で課題を見つけ、考え、解決しようとする力のこと。学校ではその頃、あまりに覚えることが重視されていて、子どもたちに余裕がなかった。暗記中心の教育で生きる力は養えない。それで「ゆとり」を打ち出した。

 残念だったのは「ゆとりで学力が落ちた」と言われたことだ。指摘しておきたいが、子どもたちの学力は決し…

この記事は有料記事です。

残り1320文字(全文1600文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  2. ORICON NEWS 顔面やけどのGLAY・TERU、イベント欠席をメンバーイジる 本人は謝罪の手紙も…
  3. 千葉県北東部で震度5弱 津波の心配なし
  4. 「お前は横綱になれる」 朝乃山、死の病床から励ましくれた恩師に捧げる初優勝
  5. 朝乃山が初優勝、三役未経験では58年ぶり 栃ノ心は大関復帰

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです