連載

なるほドリ

ニュースの背景や素朴な疑問を「なるほドリ」が質問。担当記者がQ&Aでわかりやすく答えます。

連載一覧

なるほドリ

一般参賀いつ始まったの? 1948年から 皇居開放、国民に応える=回答・高島博之

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
新年一般参賀で手を振られる天皇、皇后両陛下と皇太子ご夫妻=小川昌宏撮影
新年一般参賀で手を振られる天皇、皇后両陛下と皇太子ご夫妻=小川昌宏撮影

 なるほドリ 皇居(こうきょ)で2日にあった新年一般参賀(さんが)に大勢の人が集まったね。

 記者 平成に入って最多の15万4800人が訪れました。4月30日に退位(たいい)される天皇陛下(へいか)が在位(ざいい)中に出席するのは今回が最後ということが影響したのだと思います。

 Q 新年一般参賀はいつ始まったの?

 A 1948(昭和23)年1月が最初です。この時は1日と2日の両日にありました。それまでは、特定(とくてい)の人が皇居で天皇に新年のお祝いを伝えていましたが、戦後になって広く国民からお祝いを受けようと、皇居を開放した一般参賀が始まりました。1月2日だけになったのは53年からです。

この記事は有料記事です。

残り554文字(全文850文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集