米ブラジル外相会談

中南米「民主化」で一致 反米3カ国

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【サンパウロ山本太一】ポンペオ米国務長官は2日、訪問先のブラジルでアラウジョ外相と会談した。両政府は、反米左派が政権を握るキューバ、ベネズエラ、ニカラグアの中南米3カ国の「民主化」に向け協力することで一致した。

 会談後、ポンペオ氏は、3カ国では表現の自由が保障されていないと批判。1日に革命60周年…

この記事は有料記事です。

残り170文字(全文320文字)

あわせて読みたい

注目の特集