メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

開かれた新聞委員会

2019 座談会(その1) 激動の平成、どう総括

 平成最後となる年が明けました。昨年12月に成立した改正入管法の下、4月から名実ともに「移民社会」に突入します。平成とはどんな時代だったのか本紙が展開した特集や連載を振り返るとともに、新たな時代にメディアはどう対応していくべきでしょうか。開かれた新聞委員会で議論しました。【司会は渋谷卓司・開かれた新聞委員会事務局長、写真は玉城達郎撮影】(座談会は12月20日開催。紙面は東京本社最終版を基にしました)

この記事は有料記事です。

残り4545文字(全文4746文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 国民民主党、自由党と合併で正式合意 自由は解散

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです