メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

開かれた新聞委員会

2019 座談会(その2止) 新たな時代、どう対応

 

エネルギー問題、注力を

 鈴木秀美委員 平成でくくることにどんな意味があるのかを私も考えた。だからこれで、仕切り直しにするというような、新しい元号になったからゼロからスタートという取り上げ方は良くない。個人的には、1987年から3年間留学していて日本にいなかった。ネットのない時代で昭和が終わった記憶が私にはなく、帰国したら平成になっていたので、私にとって平成は元号としてぴんと来ない。そういうこともあり、平成を振り返ると言われた時にどういう意味があるのかと思ってしまった。

 「時代」第1部の3人は世代、専門が異なり、いろいろな見方を知るという意味で参考になった。日本には国…

この記事は有料記事です。

残り4599文字(全文4887文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. 夫「大切な2人失ってつらい」 池袋暴走、母娘の告別式 
  3. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  4. マラソン・小出義雄氏が指導者勇退 高橋尚子さん、有森裕子さんら育てる
  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです