メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
開かれた新聞委員会

2019 座談会(その2止) 新たな時代、どう対応

 

エネルギー問題、注力を

 鈴木秀美委員 平成でくくることにどんな意味があるのかを私も考えた。だからこれで、仕切り直しにするというような、新しい元号になったからゼロからスタートという取り上げ方は良くない。個人的には、1987年から3年間留学していて日本にいなかった。ネットのない時代で昭和が終わった記憶が私にはなく、帰国したら平成になっていたので、私にとって平成は元号としてぴんと来ない。そういうこともあり、平成を振り返ると言われた時にどういう意味があるのかと思ってしまった。

 「時代」第1部の3人は世代、専門が異なり、いろいろな見方を知るという意味で参考になった。日本には国…

この記事は有料記事です。

残り4599文字(全文4887文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「痴漢防止ハンコ」販売 抑止狙い、シヤチハタが開発

  2. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  3. ORICON NEWS [コミケ96]盗撮にセクハラ…コスプレイヤーとカメコ間のトラブルとは? 対処法を弁護士に聞く

  4. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  5. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです