メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

開かれた新聞委員会

2019 座談会(その2止) 新たな時代、どう対応

 

エネルギー問題、注力を

 鈴木秀美委員 平成でくくることにどんな意味があるのかを私も考えた。だからこれで、仕切り直しにするというような、新しい元号になったからゼロからスタートという取り上げ方は良くない。個人的には、1987年から3年間留学していて日本にいなかった。ネットのない時代で昭和が終わった記憶が私にはなく、帰国したら平成になっていたので、私にとって平成は元号としてぴんと来ない。そういうこともあり、平成を振り返ると言われた時にどういう意味があるのかと思ってしまった。

 「時代」第1部の3人は世代、専門が異なり、いろいろな見方を知るという意味で参考になった。日本には国…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 誤って高圧幹線を切断 大阪・高槻で病院など停電
  2. 飛び交う「ええかげんにせえや」 大阪都構想の法定協が大混乱
  3. 特集ワイド 「アベ政治ノー」訴え続ける 木内みどりさん 「言うべきこと」萎縮無用
  4. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  5. SNSにも動画 背景に「カワウソブーム」 警視庁2容疑者逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです